News, Information, and Message

先週、こんなお問い合せをいただきましたのでシェアしたいと思います。

 

はじめまして。サイトを拝見しメールさせていただきました。

(中略)

変わったプロポーズがしたいのですが、自分の考えている演出にどうしてもオリジナル曲が必要です。

具体的には、車の中でFMラジオを聴いていたと思いきやじつはそれは予め録音しておいたもので、曲紹介のところでうまく編集して彼女に聴いてもらう…みたいな感じです。

まだだいぶザックリした感じですが、自分の想いを曲に乗せて聴いてもらいそれから正式にプロポーズするようなことをやりたいです。

クサい感じはありますけど。笑

ウェディングソング制作ということですが、プロポーズ用の曲なんかも作っていただけるのでしょうか。

 

とても素敵なお問い合せメールだと感じました。

例えば曲にもサビの前にAメロやBメロがあるのと同じように、どんなことでも重要な用件を伝える前に「道標」があると、伝えたいことがより明確に伝わると考えています。
一番重要なパート(サビ)を伝えるためのガイド(Aメロ・Bメロ)は外すことができません。

お問い合せいただいた男性のサビにあたるのがプロポーズ、ガイドにあたるのがオリジナル曲を使った演出ですね。

 

ご質問に対しては、「もちろん可能です」と回答させていただきます。

もっと言えば、じつはプロポーズした後の気持ちよりもプロポーズ前の気持ちのほうが、曲にしたときに想いが伝わりやすいのではないかと思ってしまいます。
プロポーズ後は良くも悪くも「安心感」や「落ち着き」といった要素が入ってしまいますからね。
繊細なのに荒削りな楽曲が作り上げられそうな気がします。

恥ずかしながらこのお問い合せで初めて気づいたのですが、結婚披露宴よりもプロポーズの場面のほうが、幅広い演出アイデアが浮かびそうですね。
プロポーズは二人だけの世界ですし邪魔するものはありません。
そうなると、考えようによっては何でもアリです。
そんな場面で私たちがサポートした制作楽曲が流れるならば、私たちクルーにとってもこの上ない喜びです。

こちらのお問い合せ、プロポーズ用オリジナルソングの方向性も決まり、これから篠崎が楽曲制作にとりかかる段階です。

「そんな使い方もあったのか」と逆にこちらが勉強させていただいたため、ブログに掲載させていただくこともご了承いただきお値段も少し勉強させていただきました。
これからどんな曲が出来上がっていくのか楽しみではありますが、それ以上に彼がどんなプロポーズ演出で想いを伝えるのかも楽しみです。

そしてもちろん、プロポーズが成功し結婚して50年後にも聴いていただけるような楽曲をお届けしていきます。